市川憂人さんの『ジェリーフィッシュは凍らない』、今村昌弘さんの『屍人荘の殺人』など、ここ数年の鮎川哲也賞は勢いのある作品が続いています。注目の第 28 回は北海道の中学生たちの日常に生じる、ささやかな謎を解く青春ミステリが受賞しました。
画像

──受賞おめでとうございます。鮎川哲也賞には初めての応募ですか。

川澄:鮎川賞は初めての応募です。ただその前に一度、別の新人賞に応募したことがあります。

──これまでに小説はどれくらい書かれてきたのでしょうか。

川澄:小説家になりたいと本格的に思ったのは 2016 年の末ぐらいで、本作は 2 作目の長編小説になります。実は以前、漫画の原作をやっていたことがあり、原作を担当した読み切りが 2 本、雑誌に載ったこともあるんですけど、その後なかなか結果が出ない時期が続きました。漫画の原作だと一から十まで自分の考えを表現し切れない、という限界を感じ始めて、それで小説に挑戦しました。それでもダメだったらもう創作を続けることは諦めようと思っていました。とにかく自分のアイディアをぶつける場を探していて、賞や選考委員の方々への対策を練るよりも、自分が面白いと思ったものを純粋にぶつけたいと思って挑みましたので、それは漫画の原作をやっていた頃からずっと同じです。

──漫画原作をした経験は、本作にも活かされているのでしょうか。

川澄:とにかくキャラを作り込むようにと、漫画の編集者にずっと言われてきました。本作を書く前、プロットと同時に主要メンバー一人一人の履歴書を作りました。一般的な履歴書の情報に加えて、抱えている秘密とか、その人ならではのエピソードとか、経済状態とか、趣味嗜好とか……小説で必要になる情報を細かく書き出してから執筆に入りました。

──ヒロインの海砂うみすな真史まふみやバスケ部の面々もキャラに奥行きがあり、探偵役の不登校生徒・鳥飼とりかいあゆむは特に魅力的でした。中学生を描くことは難しくありませんでしたか。

書籍

『探偵は教室にいない』(東京創元社)

川澄 浩平

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2018年10月12日

ネット書店で購入する

    書籍

    「小説 野性時代 第183号 2019年2月号」

    小説 野性時代編集部

    定価 864円(本体800円+税)

    発売日:2019年01月11日

    ネット書店で購入する