西尾維新、舞城王太郎、佐藤友哉……2000年代初頭にムーブメントとなった“ゼロ年代作家”たち。その中心に屹立していた滝本竜彦が、長年の沈黙を破り新作『ライト・ノベル』を上梓した。「読むと幸せになれる」という小説の新フォーマット、「光の小説」の論理を初めて本格的に導入したという話題の最新作を著者自らが読み解く“光のインタビュー”!
画像
『NHKにようこそ!』から17年、ゼロ年代の旗手、滝本竜彦から届けられたのは、新たな「ライトノベル」のフォーマットだった。

闇の作家だったけれど
ずっと光の小説を書きたかった

──『ライト・ノベル』という、すでにジャンル名として定着している単語がタイトルに掲げられていることに驚きました。どんな意図があったのでしょうか。

滝本:正直に言ってしまうと、実は未だに自分でもなにを書いたのかわからないんです。
 ただ、目指していたのは「光の小説」であり、読み終えた人たちが本を閉じたその瞬間、幸福に包まれる小説です。でも、そういう小説を書くことができなかった、僕自身の力不足をずっと悔やんでいたんです。

──どういうことでしょう。

滝本:昨今のライトノベルのフォーマットのひとつに、現世でダメな自分が転生した先で美少女をはじめ、いろいろな存在に助けられて幸せになるというものがあります……。
 誤解を恐れず言葉にします。それでは辛いばかりです。その世界に浸っているときは幸せかもしれませんが、現実が変わるわけではありません。そうではなくて、読んだら楽しくなって心が解放されて、読み終わったらハッピーになれる、そんな小説を書きたかったんです。

──失礼ながら、そういった作品群が生み出されフォーマット化していく流れは、ご自身をはじめ、佐藤友哉さん、舞城王太郎さん、西尾維新さんといった2000年代デビューの、いわゆる「ゼロ年代」の方々が先鞭を付けられたかと……。

書籍

『ライト・ノベル』

滝本 竜彦

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年11月29日

ネット書店で購入する