画像

──4人のチームワークが見られるのも番組の魅力の一つだと思うのですが、その面は確実に第2弾の本の方がパワーアップして表れていますよね。

鈴木:私、インスタグラムを始めたんですが、そこのコメントに『東大王』の本の感想を書いていただくことがすごく多いんです。今回は第2弾の表紙が公開されたときに、第1弾と、オビの雰囲気がけっこう違うので、すごく反響をいただきまして。「第1弾の本も楽しかったけど、第2弾はさらに表紙が楽しそう、発売が楽しみです!」(※取材は発売前)というコメントを沢山いただきました。ファンの皆さんにすごく喜んでいただいている本なのかなって思いますね。

──確かに、第2弾の表紙の写真を公開したときに、オビに写っている4人の写真が非常に好評でした。「光ちゃんが水上くんの肩に手を置いてる!」とピンポイントな感想を送ってくださった読者の方もいたりして。

鈴木:これ、撮影をするときに、体重を掛けたら申し訳ないなと思って、最初はずっと普通に後列に立っていたんですよね。でもカメラマンの方に、私と鶴崎(修功)さんでちょっと前のお二人に触ってみるというか、「肩に手を置いてみて、もっとギュッと寄って」って指示をいただいて。「重かったら申し訳ないな」と思いつつ、おそるおそる撮った写真なんですけれど、この写真について聞かれることがすごく多くて…(笑)。「仲がいいんですね」って言っていただいたり、一方では、「お付き合いしてるんですか?」なんてビックリする質問をいただいたりもしまして(笑)。

──こちらのリクエストでギュッと固まっていただいたのに、失礼しました!

鈴木:いえいえそんな、気にしないでください!(笑) でもやっぱり、こうギュッとなって、みんなで笑顔でいる写真って、自然と表情も柔らかくなっていいなぁと思います。第1弾のときは、みんなでこうガッツポーズをして仁王立ちをしている写真でしたよね。あれはあれで強そうな感じでいいなと気に入っていたんですけど、今回は2列になって撮っていただいたので、物理的にも距離が縮まって、素敵な写真だなと私も思いました。

──最後に、番組の視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

鈴木:私がレギュラー出演させていただくようになってちょうど1年と少しが経ったんですけれど、その間に『東大王』の中で出されるクイズの形式もたくさん変わってきて、どんどん新しい形式のクイズが増えてきていて。そこがまず私たち自身も楽しいですし、見ている皆さんにも楽しんでいただきたいですね。それに、私自身も番組の空気に打ち解けてきたので、収録のときにも調和を取るような動きができてきたなと思ったりもします。私たちの関係性も変わってきて、それがクイズの戦い方に表れていると思うので、視聴者の皆さんにはぜひそんなところも楽しんでいただけたらと思います。

書籍

『東大王 知力の壁に挑め!最強クイズドリルII』

TBSテレビ

定価 1080円(本体1000円+税)

発売日:2018年10月31日

ネット書店で購入する

    書籍

    『東大王 知力の壁に挑め!最強クイズドリル』

    TBSテレビ

    定価 1080円(本体1000円+税)

    発売日:2018年02月27日

    ネット書店で購入する