全選考委員の圧倒的支持を受け、日本ファンタジーノベル大賞で華々しくデビューを飾った柿村将彦さん。
弱冠24歳の新鋭に、デビュー作『隣のずこずこ』(新潮社)についてお話をうかがいました。
画像

──いつから書き始めたのですか。

柿村:大学の後半からですね。元々影響を受けやすいタイプなんですが、文学部で小説を読んで勉強しているうちに、「自分でも書いてみたい」と思うようになって。舞城王太郎(まいじょうおうたろう)さんの作品は特に好きで、学生時代からずっと追いかけています。本腰を入れて文学賞に応募し始めたのは、大学を卒業してからです。在学中は学業に専念したかったので、勉強しかしていませんでしたね。その後は就活もせず、「とりあえず三年は小説を書いてみよう」と。

──日本ファンタジーノベル大賞でデビューされました。

柿村:それまでも複数の文学賞に応募はしていました。舞城さんの作品が好きだったので、当初はメフィスト賞に応募するミステリ作品のつもりで書き始めたのですが、肝心のミステリ部分がどうしても思いつかず、結局完成したのはよくわからない長編小説でした(のちの「隣のずこずこ」)。書き終えたタイミングでファンタジーノベル大賞の募集を知り、応募しました。

──受賞作「隣のずこずこ」は、中学三年生の主人公・はじめが住む村に、村に伝わる生ける伝説〝権三郎狸(ごんざぶろうだぬき)〟と謎の美女が現れ、一カ月後には村を壊滅させると宣告される——という不条理な物語設定が印象的です。一体どのように生まれたのでしょうか。

柿村:僕は関西出身なのですが、母は幼いころ、何か悪いことをすると曽祖母から「(たぬき)が来るで」と叱られたらしく、昔から「狸は怖い」と言っていたんです。実際に信楽(しがらき)焼の狸って、ちょっと不気味じゃないですか。そんなことを考えていたら「権三郎狸は私が通った後を粉々にするのが仕事」という一文が浮かびました。初めは作中に出てくるある人物が自殺する……という筋書きだったのですが、いざ書き始めてみるとその人が死んでくれないんですよ。何度考えても死に方が不自然になるというか。それで最終的に今の形に落ち着きました。

──執筆で最も苦労されたところ、また執筆のペースを教えてください。

書籍

『隣のずこずこ』(新潮社)

柿村 将彦

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2018年3月22日

ネット書店で購入する

    書籍

    「小説 野性時代」第175号 2018年6月号

    小説 野性時代編集部

    定価 860円(本体796円+税)

    発売日:2018年05月11日

    ネット書店で購入する